【年収600万円】の転職市場の実態と、成功する人のポイント

年収が600万円クラスとなると、仕事が限られてきて、転職する機会が難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
今回は、年収600万円クラスの人達の、転職実態と転職を成功させるコツなどをまとめてみました。

年収600万円クラスの転職実態を調査
仕事によっては、年収が一時的に減るかもしれない

年収が600万円を超える活躍をしているのであれば、転職によっては一時的に給料が下がる可能性が考えられます。
転職先が出せる年収とあなたの希望年収によっては、必ずしも最初から年収が高くなるとは限りません。
年収より、職場環境を優先して、新しい会社に転職したいのであれば、今より年収が下がる可能性があることを頭に入れておきましょう。

年収600万円クラスの人が別の職業に転職することは可能か

年収600万円をもらえる仕事は、一般的な仕事に比べて限られてきます。
そのため、今の年収を維持しながら、別の仕事に転職できる幅は当然限られてくるでしょう。
このクラスの年収の場合、同じような職種の会社で「今より伸びしろのある場所」への転職を検討してくといいかもしれません。
ですが、年収が下がっても違う職種へチャレンジしたいという人は、未経験から始めて年収600万円に到達できる仕事もあります。

今の年収を通り越して大きな仕事に挑戦してみる

ここまで評価されている人であれば、転職を通じて大きく年収を上げるチャンスが見つかるかもしれません。
会社で管理職・営業職などをこなし、もっと上を目指したいという人は、より大きな大手企業の管理職を目指すことで、年収1,000万円クラスの求人に挑戦できる可能性があります。
転職サイトなどを確認し「自分の要望と会社の求める人材が一致」する求人がないか、試しにチェックするだけでも、自分の今後の可能性を把握することができると思います。
上場企業、外資系企業などの仕事がないか調べてみましょう。

年収600万円の人達が転職する方法
転職サイトを利用する

年収600万円クラスの仕事になると、簡単に使える転職サイトでは、見つかりにくいという印象を持っているかと思います。
ですが、一般的な転職サイトでも年収600万円以上が狙える仕事はたくさん見つかります。
会社がブラックで、最初から転職を決めている人は、早い段階から転職サイトをチェックしておくといいでしょう。

年収600万円以上の仕事で目立った仕事

営業
転職サイトでひときわ目立っていたのは、やはり営業職でした。
様々な営業関係の仕事はもちろん、人材コーディネーターなどの仕事も目立っていますね。
年収を第一にとにかく営業の最前線で戦ってきたという人は、自分が好きなものやサービスを売る営業職へ転職すれば、今より楽しく活躍することができるかもしれません。
あなたが思いもしなかった営業が見つかるかもしれませんので、興味がある人は是非、チェックしてみましょう。

総合職
会社に利益をもたらす、営業や企画などを行う営業職は、全般的に給料が高く、やりがいのある仕事。
総合職を求めている会社にも様々な職種がありますが、現在あなたが働いている会社と職種が似ている転職先を探せば、より高い年収を狙えるチャンスが生まれるかもしれません。
また、専門職に携わり、経験を積んでいる人は、その経験を活かして総合職へ転職していくのも、いいかもしれません。
何か1つでも強みや実績があれば、それを活かして新しいステップへ踏み出すこともできるので、とにかく年収を上げたいという人は、総合職のチェックを忘れずに行いましょう。

ITエンジニア
ITエンジニアとして活躍している人は、同じ職種の会社へ転職することは、あまり難しい事ではないでしょう。
また、安定して高収入を稼ぎやすい職種でもあると思います。
その反面、勤務時間や職場の人間関係など、ブラックな会社も多い事から、心身へのトラブルが目立つ職種でもありますね。
転職の際には、会社の下調べを入念に行い、働きやすい環境なのか、しっかり見定めることが大切です。
ITエンジニアは未経験の人でも転職してチャレンジできる可能性のある仕事です。
そのため、全く知識がないけど挑戦したいという人は、未経験者も応募している求人をチェックしてみてください。

機械エンジニア
機械エンジニアもITエンジニアのように、同じ職種への転職は比較的、可能性が高い仕事だと思われます。
ですが、それぞれの会社で作っているもの、専門としている事は異なるため、自分のスキルとマッチする会社を探したほうがいいでしょう。
また、物づくりが好きな人にとって機械エンジニアは楽しい仕事でもあります。
まったく別の職種へ転職したいという人も、機械エンジニアに挑戦することは可能です。
どん欲に学び、物を組み立てることへ魅力を感じている人は、機械エンジニアも検討してみてください。

運転手(タクシー・ケアドライバーなど)
タクシーやケアドライバーなどの仕事も転職サイトで目立っていました。
介護が必要なお年寄りの人を運ぶケアドライバーの仕事は「普通自動車第二種免許」があれば始められる仕事です。
ですが、介護関係の資格や研修などを受けることで、より責任のある仕事を行うことができます。
歩合制の仕事を上手にこなせば、年収を高くすることも可能です。
車が好きな人やお年寄りを支える仕事をしたいといった人は、このような運転手の仕事にジョブチェンジするのも面白いかもしれません。
サラリーマンの仕事とは一風変わった職種へチャレンジしたい人は目を通してみてください。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、あなたの転職をサポートしてくれるサービスです。
あなたの実績やスキルなどに合わせて、いい求人を代わりに探してくれるのはもちろん。
書類の審査や年収交渉のサポートもしてくれます。
転職を経験したことがない人や、転職先に今よりも高い年収を交渉したい人は、転職の専門家のサポートを借りることをおすすめします。

年収600万円クラスの仕事でも転職先の幅はある

年収を維持、あるいは上げてもらいながら転職をする場合は、転職エージェントに頼りながら、自分の力を存分に発揮できる会社へ転職を目指すといいでしょう。
また、現在働いている職種とは全く違う仕事に挑戦することも可能です。
その際は、年収が落ちてしまいますが、新しいチャレンジをすることもできますので、転職をしたい人は、幅広い職種から転職先を検討してみるのもいいですね。

ハイクラス向けで高評価の転職サービス

記事がありません

表示する記事はありませんでした。