【20代後半】転職市場の実態と、成功する人のポイント

20代も後半になってくると会社での仕事にも慣れ、段々と責任のある仕事が割り振られるようになってきます。会社の規模や業種次第では既に役職が付いている人も出てくるかもしれません。差が付き始める年代ですね。
日本のような年功序列が強い会社では、仕事が出来るようになっても待遇にほとんど差がつけられませんので、段々と不満に思う社員も出てくる年代です。
少し前までは転職するなら30歳までといわれたように、転職市場の中心であった20代後半について転職の実態と、転職に失敗したと感じている人の理由、成功する人の共通点を確認していきましょう。

20代後半の転職実態

若さや柔軟性・最低限の社会人としてのマナーが身に付いていれば、転職市場で評価される可能性が高い20代前半に比べて、20代後半になると多くの場合、仕事で身につけたスキルやどのような仕事をこなしてきたのか?その経験なども重視されるようになります。
現在の正社員の中で、30歳になるまでに転職を経験している人は30%以上もおり、以前20代での転職市場は活性化しており需要供給共に高水準な状態が続いています。人手不足は続いていますので、この傾向は今後も継続するでしょう。
また、20代後半での転職は大きく2種類に分ける事が出来ます。1つは転職によるキャリアアップです。今まで自分が働いてきたスキルや経験を生かして、より自分にとって価値のある仕事や、待遇の多い環境で働く事を目指して転職をします。
もう1つは、転職による業界の変更です。今まで働いて身につけたスキルを直接使えないかもしれませんが、まだまだ長い社会人としての人生、他の職種にチャレンジする事も十分可能です。
業種によって20代後半で未経験の業種であっても積極的に採用している企業は多いです。入社してからの教育が充実している企業も多いため、不安なく仕事に入っていけるはずです。

転職で失敗しない人の共通点は?

20代後半での転職においても、実際に転職をした方を追跡してみると後悔していたり、失敗している人が多くいる事が分かります。人生に大きな影響を与える転職ですから、出来る限り失敗はしたくありませんよね。
転職に失敗したと感じている人はなぜそう感じているのか?どうすれば転職に失敗せず、後悔のない転職が出来るのか?ポイントがありますので、いくつか確認します。

事前のリサーチが不十分

転職をする際には、事前にリサーチを十分にしておく必要があります。おそらく新卒で入社した会社の転職理由も、人間関係が大きな割合を占めると思いますが、それ以外に仕事内容が思っていたものと違ったり、給与が不満であったりとそれは事前の調査不足によります。
せっかく転職をするにも関わらず、同じように事前の調査不足で入社した結果思っていたものと違った。という後悔を繰り返してしまうのは出来る限り避けたいですよね。
実際に社員と話をしたり、会社に直接確認できないような内容は転職エージェントを上手く活用するなど、転職先を決める前には十分にリサーチをしておく必要があります。そうすれば、入社してからの後悔も最低限に抑える事が出来るでしょう。

ネームバリューや待遇面に惹かれた

転職を志す際にキャリアアップを考える場合には、どうしても会社のネームバリューや給料・役職などの待遇面に惹かれて転職先を選んでしまう事もあります。結果的に職場環境や仕事内容も良く、成功した転職になる可能性もありますが失敗に繋がる可能性も十分にあります。
自分が取り組む仕事の内容が思い描いていたものと違っていたり、職場の環境が事前に思い描いていたものと違う場合には、段々と不満が溜まってくるため、結果的に再度転職を志すようになってしまいます。
転職先を選ぶ際には、自分自身がなぜ転職を志したのか?今後どのようにキャリアを積み重ねていきたいのか?という点を重視し、仕事内容・待遇・環境など様々な点のバランスを考慮しながら選んでいく必要があります。
特にキャリアアップなのかジョブチェンジなのかは、目的を明確にし必ず間違いの内容に転職活動を行った方が良いですね。

市場価値を知ってアピールする

転職の際には、実際に入社まで至る事も必要ですが入社後の待遇に関してもきちんと交渉をして良い条件を引き出す必要があります。しかし、転職する事だけを意識しすぎるとあまり良くない条件での転職になってしまいます。
重要なポイントはきちんと自身のスキルや経験をもとに、転職市場においてどの程度の市場価値があるのかを確認しておくことです。自分で確認するのが難しい場合には、第三者に客観的に見てもらったり、転職エージェントなどを上手く活用しましょう。
最近では多くの転職エージェントが転職の成立までではなく、入社後の給与や配属に関する待遇の部分まで合わせて交渉をしてくれます。特に給与に関しては自分ではなかなか言いにくい部分でもありますので、協力してもらうと良いですね。

20代後半の転職についてまとめ

転職市場において、以前から現在に至るまで20代後半は最も需要が大きい年代です。その為、キャリアアップでより大きな仕事やより待遇の良い仕事を得る目的でも、ジョブチェンジで新たな職種にチャレンジするのにも最適な年代といえます。
転職をする人が多く需要が多い分転職先の選択肢も多くなる為、きちんと事前に転職先企業のリサーチや、自分自身の転職の目的などを整理しておかないと大きな失敗に繋がってしまう可能性もあります。
まずはキャリアアップなのかジョブチェンジなのか?転職の目的として、仕事内容・会社の雰囲気・給与などの待遇など、優先順位をどのように付けていくのか?転職先を決める前にしっかりと目的を整理しながら転職活動を進めていきましょう。
自分ひとりで転職を進めていくのは難易度が高くなってきます。きちんと第三者にアドバイスをもらい、必要に応じて自分が転職をしたい業界に強い転職エージェントを上手く活用しましょう。転職先の決定だけでなく、その後の待遇にまで大きな影響を与えます。
せっかくの転職なので失敗をしないようにきちんと準備をして臨みましょう。

<20代キャリア向け>登録必須の転職サービス

総合評価

91点
★★★★★

おすすめポイント
転職者満足度が高く、初めての転職でも安心して利用できる
20代〜30代前半の求人に強くdodaでしか紹介できない求人票も数多い
転職タイプ
転職サイト型エージェント型スカウト型
年代
20代30代40代50代+
年収
600万円未満600万円以上
対応エリア
全国
99991
998891
9991
91

<既卒・第二新卒向け>登録必須の転職サービス

総合評価

97点
★★★★★

おすすめポイント
フリーター、第二新卒から優良企業への就職が目指せる
履歴書不問で面接が受けられる
転職タイプ
転職サイト型エージェント型スカウト型
年代
20代30代40代50代+
年収
600万円未満600万円以上
対応エリア
全国
89897
988897
9897
97
クチコミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
キャンセル

クチコミを投稿する

みんなのクチコミ満足度(平均):  
 クチコミ数 : 2件
bluu  さん
登録はしておくべき
(26歳・男性)
転職前の年収: 280万円
転職後の年収: 260万円
満足度:
3

未経験職種を希望していたこともあり、なかなか希望する求人がなかったです。それでも、未経験可とかかれた求人もありましたので、そこは積極的に応募はしていきましたが、書類選考で落ちることがほとんどでした。

ただ、転職の心構えに関する情報や活動のポイント等の情報は豊富だと思いましたし、初めて転職をされる方や何回か転職活動をされている方も登録しておいて損はないと思います。

経験ある職種を希望している方なら、より求人は見つけやすいかもしれないと思いました。

アルテミス  さん
うーん
(31歳・男性)
転職前の年収: 380万円
転職後の年収: 380万円
満足度:
3

画像など、とても見やすくて原稿内容が理解しやすかった。けれど、あまり詳細を書いていなかったような印象をもった。実際、面接時に感じたことを質問すると原稿に書かれていない大変さということを説明してもらった。それ自体は特に問題なかったが、逆に質問しなかったと思うと、少し青ざめる。

加えて、掲載されている企業の勤務地が、やや首都圏や主要都市に集中している印象だった。地方から主要都市へのIターン等ならばいいと思うが、逆のパターンだと使いにくそう。